【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


■大阪市議の“豪華”海外視察

またもや、大阪ですか?
大阪市民、いい加減に、怒れよ!

まず、国会・都道府県・市区町村の議員さんが、
絶対に忘れちゃイケナイのは、手元に来るお金は、
歳費・経費他も含め、全て『公費』だってこと。
そして、大阪市のお財布は、借金まみれだってこと。

海外視察が全部悪いわけではないけどね。
視野を広げることは、確かに必要なことだよ。
地域によっては、安全を保つために、
ソコソコのホテルに泊まる必要もあるのは否定しないよ。

乏しい財政の中、海外に行かせて貰えるなら、
 * 何の目的で、その場所に行くのか?
 * そこで、何を見てきたのか?
 * 何を得てきたのか?
 * 市政には、どう役立てるのか?
そういう報告書も無しって、それは、納税者は納得出来ないんじゃないの?

で、その視察で何かを得て、市政に貢献したんかい?
ただ、ひこーきに乗って、現地に行って、見学をして・・・
「あ~楽しかったね」
そんなんじゃないよね?

しかし、行く先をまず決め、それから、慌てて目的を決めるなんて、
今時の小学生の修学旅行よりレベル低いよなぁ。

『公費による海外視察ありき』を、見直すように、国民が声を上げなきゃね。


YOMIURI ON-LINE / 社会
大阪市議の“豪華”海外視察、希望先へ任期中1人1回


 大阪市議会(定数89)で、市議が4年間の任期中に1回ずつ、公費で飛行機のビジネスクラスを使い、高級ホテルに泊まる海外視察を行う慣例があることが30日、わかった。

 「見聞を広める目的」(市会事務局)で、費用は1人80万~50万円。行き先は各議員が北米、北欧、南欧、アジア・オセアニアの4コースから希望に沿って選ぶが、肝心の視察内容を決めるのは出発直前といい、市民から「視察は形だけ。議員厚遇のための海外旅行だ」との批判が上がりそうだ。

 市会事務局によると、視察は改選前年を除く3年の間に実施。当選直後に事務局職員が早々と「どのコースに参加するか」を各会派に取りまとめてもらうが、具体的なテーマや訪問先は「出発数週間前に決める」(市議)という。

 2003年の改選後もすでに2回、実施。計28人が参加した。同年度は14人が米国を10日間にわたって訪れ、ニューヨークの消防局や警察署を見学。昨年度は14人が観光集客、都市再開発などをテーマにハンガリー、ドイツ、イタリアの3か国を10日間で回った。

 今年は8月ごろにアジア・オセアニアと北欧へ2班が旅立つが、視察テーマはまだ決まっていない。

 市議らにリポートや復命書の提出義務はなく、随行した同事務局の職員が帰国後、報告書を作成する。視察内容が直接、議会の質疑で取り上げられることも少ないという。

 二十数年前に始まった慣例で、主要4会派のうち共産は現在、辞退しており、自民、民主、公明の与党3会派などが対象だが、議員の1人が「慣例で参加しているが、続ける意味がわからない」と話すなど、疑問視する声が出ている。

 市民グループ「見張り番」の松浦米子・代表世話人は「行き先だけが先に決まって、内容は後から決まるなんて、予算消化のための海外旅行としか思えない」と話している。



04/30(Sat)20:05 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)