【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


つ菊 原健三郎=元衆院議長

国会の名物議員だった「ハラケン」が亡くなったそうです。
在職50年もあったため、生前中の逸話には事欠きませんが・・・
それはそれ。
日本人なら、死者に鞭打ちことはやっちゃぁイケナイ。



謹んで ご冥福をお祈り致します



http://www.yomiuri.co.jp/obit/news/20041106zz03.htm
 元衆院議長の原健三郎(はら・けんざぶろう)氏が6日午前1時52分、心不全のため、東京都内の病院で死去した。97歳。告別式の日程は未定。喪主は妻、万悧子(まりこ)さん。自宅は東京都渋谷区広尾2の11の1。

 原氏は兵庫県北淡町生まれ。早大卒業後、米国オレゴン、コロンビア両大学に留学。雑誌編集長などを経て、1946年4月の戦後初の衆院選で初当選。以来、連続20回当選を果たした。日活映画のシナリオを書くなど異才も発揮し、「ハラケン」の愛称で親しまれた。

 労相二期、国土庁長官を歴Cし、86年7月に衆院議長に就任、89年6月まで務めた。憲政の神様と言われた尾崎行雄氏、三木武夫・元首相に続き、議員生活50年を超えた3人目の議員となった。「生涯現役」が口癖だったが、2000年6月の衆院選に出馬せず、政界を引退した。

(2004/11/6/13:53)





11/06(Sat)17:25 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)