【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Jul/27/2006

■実名・詳細の報道を希望

お父上の意志には、頭が下がります。

何故、この犯人が「死刑を求刑」されたのかを知って欲しいと言うこと。
あいりちゃんは、2度殺されたこと。

 遺族や社会への影響を考え、性的暴行の部分に関して触れなかった各社の報道に対しては「世間の皆さんには『子ども一人を殺して死刑(求刑)』という表面的なことしか伝わっていないのではないか」と疑問を投げかけた。「愛する娘が性的暴行を受けたというのは恥ずかしいし、息子のためにも知られたくない。でも、再発防止のために、真実を知ってもらいたい」と、複雑な気持ちを吐露した。
/_/_/_ YOMIURI ONLINE(読売新聞)より /_/_/_


検察の論告求刑は、傍聴にいかねば、詳細が分かりません。
マスコミの報道は、各社の判断で、ある一部分だけになります。
被害者側の要望も、「そっとしておいて欲しい」と言うもの、
「はっきりと、経過を報道して欲しい」と言うもの、
相反する希望が出てくるのは、否定できませんし、
それを尊重せねばならないでしょう。

この広島女子殺人事件に関しては、あまりに凄惨なゆえ、
マスコミもぼかしての報道になったのだと推測されます。

また、この犯人は、母国でも同様の事件を起こしていたらしいと言うことが、
報道され、さらには、日系人を装って入国していることで、
在・日系ペルーの方々が、肩身の狭い思いをしていることも、
知っておかなければならないことです。

性犯罪をする者は、治療法の無い、病気だと言います。
カウンセリング治療の進んだアメリカでも、
カウンセリング神話が崩壊しているそうです。
カウンセリングが効かない、お手上げの分野もあるとか。

幼子を性の対象にする犯罪や殺人に関しては、
厳罰主義を取って欲しいと願います。



あいりちゃんのご冥福をお祈りいたします。


*** 勝手にTB ***
世の中驚くことばかり!
 怒りの言葉
憂しと見し世ぞSE
 :実名/匿名 被害者側の理屈
臥竜窟より愛を込めて
 お帰りなさい





06/27(Tue)04:41 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin


(1/1page)