【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Mar/14/2006

◇14日は 2本掲載

本日(14日)は下記記事 2本、掲載しておりますので、
よかったら、どぞ。

 ■メディカル話題
 ■子供達の置かれている環境

◆メインBlog
 【音静庵】 http://myjulia.btblog.jp/
◆サブBlog ・・・ ミラーBlogです。見やすいところでどうぞ。
 【音静庵】鏡の間 http://myjulia.seesaa.net/
 【音静庵】扉の間http://blog.livedoor.jp/onseian/
  ※メイン・サブともに、内容は同じです※

~:*.*.*:~:*.*.*:~:*.*.*:~:*.*.*:~

竹島は日本の領土だ! あったかわんわん♪

【ブログの表紙を「フォトしまね」または「竹島の写真」で飾ろうキャンペーン (22日まで)】に勝手に参加中。
【発案者】フィオリーナの以心伝心 竹島の日 2月22日
【バナーお借り先】あったかわんわん♪
<竹島? ・フォトしまね? と言ふ方は、下記へどうぞ>
島根県: フォトしまね No.161
dokdo dokto tokdo tokto



02/14(Tue)19:20 | Trackback(0) | Comment(0) | ◇ 複数掲載目次 | Admin

■メディカル話題

医学系話題の盛り合わせ。
詳しいことは、記事本文をお読み下さいませね。

【ADHD治療薬】
日本では、↓こんな事情の模様。
関係各位には、ご注意くださいな。
 国内では、うつ病などの治療薬としてリタリンが認可されており、ADHDは保険の適用外になっている。ADHDでリタリンを使用した複数の患者について、副作用とみられる全身けいれんの事例が報告されており、2002年11月、使用上の注意の中にその事実が明記された。


【抗うつ薬・SSRI】
これまた、使用中の皆様には、主治医とよーく相談して、
折り合っていってくださいね。
 代表的な抗うつ薬として知られる「SSRI」というタイプの薬を妊婦が飲み続けると、新生児が呼吸障害を起こす危険が高まる恐れのあることが分かった。この薬は従来の抗うつ薬に比べて副作用が少ないとされ、パニック障害や強迫性障害といった心の病の治療に幅広く使われている。


【透析】
良かれと思ってやってくださっているんだろうけれど、
中途半端は、(・A・)イクナイ!
やるなら、徹底した管理の元でやってください。
中途半端な塩素消毒なら、
水道水を精度の高い浄水器に通した物の方が・・・以下略。
環境ホルモンの因子除去って、
いまの科学?化学?で可能になっているんだっけ?
水道水と井戸水って、どっちがどうなの?
浅学にして、知らんのです σ(´・ω・`;)

井戸水だって、土壌汚染の影響で、
なんだか、被害が出ている地域があった筈。

日本の水も、もう、安全ではないのかねぇ・・・
 透析液は通常、機械で水道水を浄化し、薬剤を希釈してつくる。病院は「水道水より井戸水の方が環境ホルモンの影響を受けにくい」との説に基づき、昨年末から敷地内の井戸の水を塩素で消毒し、混ぜ始めた。浄化後に残った塩素が、赤血球を破壊した可能性が高いという。





・・・続きに、記事本文があります・・・



02/14(Tue)19:11 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

■子供達の置かれている環境

ワタクシには、子供がいません。
紆余曲折を経て・・・恵まれませんでした。
だから、子供達を取り巻く環境について書くことは、
外野からの勝手な放言になるやもしれません。
なれど、だからこそ、子供達を取り巻く環境について、
色々考えることがあります。

小学生の姪と甥が居ます。
その母から、現在の学校の雰囲気を聞くことが有ります。
学校と塾の関係、子供をどう育てていくか・・・
彼女は、沢山の悩みを抱えて、子育てをしています。

ワタクシ達の子供の頃の、あの貧しかった時代とは
随分異なる環境になっているようですね。

「放任主義」ではなく、「放置主義」とも言える
子育てが多く見られるようです。
最低限度のルールも教えずに、「自由」とは名ばかりの、
「勝手気まま」な子育ての行く末を彼女は案じて居ます。

彼女の近所にある、幼子のいる家庭では、
 * 夕刻より出かけ、日付変更に近い時刻までの外出が、
 * 毎日のように続いており、子供が深夜に泣き叫んだり、
 * ぐずついたりしているが、あれでは、幼稚園に入っても、
 * 子供がついてイケナイだろうね。」
と、他人の子供なれど、将来を心配しています。

なにもそこまで、当局がせずとも・・・と思えることでも、
昨今の子育て中の家庭の中には、そこまでしないと、
子供達が悲惨な育ち方をすると予想されるケースが
あると言うことでしょう。

核家族化や都市化により、近隣の世話焼きおばちゃんも姿を消し、
家庭内は、密室化しています。
他人に叱られると言ふ経験をしていない子供達も沢山いるようです。
子供に罪はありません。
しかし、その子供が大きくなり、社会に出る、
そして、親になると言ふことを考えると、
この辺りで、当局のサポートが必要なんだと思います。

貧乏な時には、“栄養失調”が心配でしたが、
豊かになった今日では、“食事のバランスに重点”が置かれています。
病気を引き起こす、また、精神的な安定を保つ為にも、
学校の授業をきちんと受けることが出来るようにする為にも、
家庭での食事を見直しましょうと言ふ提言ですね。




・・・続きに、記事本文があります・・・



02/14(Tue)17:23 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 教育 | Admin


(1/1page)