【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Feb/21/2006

◇21日も 3本掲載


本日(日)も下記記事3本、掲載しておりますので、よかったら、どぞ。

■5年ぶりの大雪
■日韓刑事共助条約とビザ免除恒久化
■韓国製品へ相殺関税を発動




01/21(Sat)14:33 | Trackback(0) | Comment(0) | ◇ 複数掲載目次 | Admin

■5年ぶりの大雪

息抜きがてら・・・我が家から見える雪景色です。
↑は、北側の景色
↓は、南側の景色





関東地方に明け方から降っている雪。
5㎝を超える積雪は、5年ぶりだとか・・・
我が家も、白色に包まれています。

都市機能は、雪対策はほぼ「0」かしらと思うぐらい、
あちこちに、支障が出始めています。
けが人も、時間と共に増えていますし・・・

普段、(意識せずに)便利な生活をしていると、
こういう時に、慌ててしまうもののようですね。

でも、時には、自分の置かれている環境を再確認する為にも、
不自由な生活も必要なのかなと思ふ、今日の雪。



01/21(Sat)14:26 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin

■日韓刑事共助条約とビザ免除恒久化

日本国内の治安を考えると、凶悪犯罪者が多い国からのお客様は、
出来れば、少ない方がいい。
100人入国して、一人が悪いことをする確立ならば、
100人を50人にすれば・・・って考えても、おかしくはない。

各国の警察の能力の問題もある。
賄賂が横行している国の警察を信用できないのは、人情。
日本人に対して自国民が凶悪犯罪をしても、
拍手を持って対応する国ならば、犯人が捕まる可能性も低くなるだろうし。

名前を簡単に変えられる国のパスポートを信用できないのも、
これまた、道理。
いくら、日本の警察が国外退去処分にして、
入国管理事務所が目を光らせていても、偽造どころか、
名前を変えた正規のパスポートで入国しようとするならば、
拒絶も出来ないかもしれない。

実際に、国外退去になっている筈の人物が、易々と再入国し、
また、凶悪犯罪を起こして、母国に逃げ帰っている。
逃げ帰られたら、日本の警察は手も足も出せない。
刑事共助条約で、どれだけ、踏み込んだ捜査ができるのか、
ちょっと不安だし、捜査以前に、犯罪目的の人物の入国は絶対阻止してよ。
しかし、そういう人物を簡単に出国させるような国とは、
お付き合いしたくないわね(棒読み

韓国スリ団とか、中国マフィアとか、
もう、日本を餌食にしようというケダモノは、
自国内で、永久に監禁しておいて欲しいわ。

ビザという、ハードルを無くすことで、日帰り犯罪が増えると、
危惧する声は大きいと思ふ。
外務省は、「特定アジア(中・朝・韓)」からの要求には、
ご無理ごもっともで、関係部署にごり押ししているようだけれど、
ここは、是非、法務省や警察庁の皆さん、
そして、国民の声で、なんとか、阻止したいものです。

マスゴミは、日本人の犯罪ならば、執拗な後追い取材・報道をするが、
いざ、犯人が「特定アジア(中・朝・韓)」籍となると、
フェードアウトどころか、即時、無かったことにする傾向が大きいわけで、
半島系の皆さんの中には、実に都合良く
「通名と本名」を使い分けてらっしゃるとも聞く。
使い分けなさっていたら、通名のみ、あるいは、本名のみの報道では、
確かな人物認識が出来ないと、脳みそが空っぽなアタクシは思ふ。
できれば、通名と本名は、しっかり、並記して欲しいものですな。



・・・続きに、記事本文があります・・・



01/21(Sat)14:13 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 極東 | Admin

■韓国製品へ相殺関税を発動

“亜米利加牛肉 輸入緊急停止”で、
TVニュースには上げられていませんが、
これって、スゴイことだと理解しても良いのでは?と思ふんですけど。

過去の日本は、輸入に関して甘い対応で、国内産業が圧迫されようが、
業界の「自助努力でなんとかしろ」みたいな態度だったんですよねぇ。
特に、「特定アジア(中・朝・韓)」からの物なんて言ったら、

 (p_q)みざる|(-_-)|きかざる(^m^)いわざる

それがまぁ、時流と言ふのでしょうか、
オカシイものはオカシイと言い、対応処置を取るとは・・・

-----リンク先から引用-----

 韓国のハイニックス社製のDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み・読み出しメモリー)が同国政府の補助金を受け、日本で不当な安値で販売されている問題で、政府は二十日、相殺関税を発動する方針を正式決定した。関税率は27・2%で、閣議決定して二十七日に実施する。日本が相殺関税を発動するのは今回が初めてとなる。通商をめぐる不利益を防ぐため、政府が国際ルールを積極的に活用していく転機となりそうだ。

-----引用 ここまで-----

結局、「規定はあったけど、倉庫の奥底に仕舞っていた」状況から、
「使えるものは使おう」ってことに、方向変換したってこと?

初っぱなが、韓国企業とは、経産省の中の人が、確変したのか?
まぁ、経産省の中のエライ人も、
「WTOに提訴されても、こっちの勝ち!」
と自信を持てる要素があった・・・というか、
あまりに、相手のガードがユルユルだったってことかねぇ。

亜米利加の牛肉問題も、亜米利加政府&業界が、
日本の消費者気質を理解できていない部分が、
こういう不手際を招いたと言ふことらしいけれど、
ほんと、日本人の物へのこだわりは、半端じゃないからね。
だから、日本国内で、どんなに頑張っても、
亜米利加車の発売台数が伸びないんだと思ふよ。

韓国も、「安けりゃOK」って思考をすてて、
真っ向勝負してくれば良いのよ。
品質・価格が納得できる良い物なら、需要がある筈なんだから。
それを、補助金なんていうことするから、引っかかるのよ。



・・・続きに、記事本文があります・・・



01/21(Sat)12:22 | Trackback(0) | Comment(1) | ◆ 極東 | Admin


(1/1page)