【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


Show by Jun/14/2005

■ウィルス情報

悪質なウィルスが出てきているようです。
くれぐれも、ご注意下さい。

HDDのデータ消されたら、エライこっちゃ オロオロ(・_・;))((;・_・)オロオロ



2005年05月14日(土)
「著作権侵害だ、自業自得」とHDDの全ファイルを消去するウイルス (INTERNET Watch) - goo ニュース

 スペインのPanda Softwareは11日、トロイの木馬型ウイルス「Whiter.F」を警告した。脅威レベルは4段階中、下から2番目の“Low”だが、ダメージ度は最も高く評価されている。

 Whiter.Fに感染すると、まずCドライブの直下にWXPと呼ばれるテキストファイルが生成される。このファイルには「You did a piracy, you deserve it(お前は著作権を侵害した、自業自得だ)」と記載されている。

 続いて、HDDに保存されたファイルを全てこのファイルに置き換えた上で、ファイルを全て削除する。このため、感染したPCは機能を停止してしまう。さらに、ユーザーがツールを使用してHDDの修復を試みても、置き換えられたファイルのみが回復され、元々のデータを復旧することは不可能だという。

 ウイルスメールなどで自分自身で拡散する手段は持っていない。Pandaでは、間違ってメールに添付してしまうケースや、インターネット上のサイトからダウンロードしてしまうケース、FTPやIRCチャネル、P2Pファイル共有で感染してしまうようなケースが考えられるとしている。



05/14(Sat)14:25 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 電脳 | Admin

■こっちもお詫び

あ~あ・・・
天下の資生堂様も、やっちまいましたか?

資生堂様の役員の中にも、薄毛の方がおられると思いますが、そういう方のチェックは無かったのでしょうか?
身体的特徴をここまで、突っ込むって、そんなに、その商品を売りたいんかな?
「売らんかな」精神では、商品は売れませんよ。

しかし、何故、この日本は、薄毛や禿頭の方を、見下すのでしょう?
加齢と共に、薄くなったり禿頭になったりする方ばかりでなく、病気や薬の影響等で薄くなったり禿頭になったりする方もおられるんですよね。そういう方へ思いは浮かばないのでしょうかねぇ。

綾小路きみまろサンのように、カツラを売り物にしている芸人さんばかりではなく、心を痛めている方への大きな侮辱だと思いますけどね。


ちなみに、私は、海外ドラマERのドクター・グリーン(アンソニー・エドワーズ)みたいな殿御が好き!



[資生堂]HPに「薄毛は子孫も迷惑」 抗議殺到、おわび
  - livedoor ニュース


 大手化粧品メーカーの資生堂(本社・東京)が先月ホームページに掲載した意識調査で、「薄毛は子孫も迷惑です」などと記載したことに対して、130件以上の抗議が寄せられていることがわかった。同社はページを削除しておわびした。

 問題となったのはホームページの「薄毛レポート」というコーナー。同社によると、新しい発毛促進剤「薬用アデノゲン」の発売に向け、昨年12月に30~59歳の男性1550人にネット上で意識調査をした。制作会社がまとめ、4月21日にホームページに掲載した。

 「あなたの親族の中に薄毛はいますか?」の質問については、父親(55%)、母方の祖父(28%)、父方の祖父(23%)のグラフとともに、「薄毛はあなた一人の問題ではありません。子孫も迷惑です」とのタイトルを掲載した。

 薄毛の悩みの有無を役職別にまとめたページのタイトルは「薄毛の人は部長止まり?」。薄毛に悩んでいないのは、役員では81%なのに対し、一般社員(76%)、派遣社員(74%)との調査結果を根拠に、「部長、課長、係長に薄毛の悩みが多いのに対し……偉くなるのは薄毛ではない人のようです」と説明した。

 同社には「好きで薄毛なわけでない」「薄毛で子孫に迷惑とは、どういう意味か」などの抗議が電話やメールで寄せられたため、1週間後にページを削除。商品紹介のページで「大変不愉快な思いをさせてしまった」とおわびした。

 しかし抗議は続き、今月になって1日十数件に増えたため、同社は6日、ホームページの表紙に、おわびの文章を掲載した。

 この発毛促進剤をめぐっては発売直後の4月、テレビCMが美術家の横尾忠則氏の作品と類似しているとの指摘を受け、放映をやめたトラブルも起きている。

 同社広報部は「今後このようなことがないよう、社内チェック体制と倫理意識向上を徹底します」と話している。【益子香里】
2005年05月12日15時30分
 
アデノゲン「薄毛レポート」についてのお詫び
 
MSN-Mainichi INTERACTIVE 企業
資生堂:類似指摘受け、発毛促進剤CM中止

 資生堂は7日、3月21日に発売した発毛促進剤「薬用アデノゲン」のテレビCMが、美術家の横尾忠則氏の作品と類似していると指摘されたため、今月5日以降に放映をやめたことを明らかにした。

 指摘されたのは三方の壁面にずらりと並べた689人の顔写真と鏡面仕立ての床を背景に、空中に商品が浮いている映像が、横尾氏が以前発表した、滝のポストカードを配列した作品と構成が似ている点だという。

 同CMは同社と外部の制作会社が企画したが、資生堂は「クリエーターらが意図的にまねをした事実はなかったが、指摘を受け、真摯(しんし)に対応させていただいた」と説明している。

毎日新聞 2005年4月7日 19時54分



05/14(Sat)00:01 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 気儘な話 | Admin


(1/1page)