【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


◆ 社会
==Explain==
気になるニュース記事から・・・ 主に国内問題を取り上げてみます

■ピントがずれている? 少子化対策

昨日の発表から、軌道修正されていますが、
出産無料化した位で、少子化に歯止めなんぞかからんと思ふけどね。

何しろ、地方に行くと、産む場所(病院)が減少しているだから。
産んでも、その後の小児治療(施設)もおぼつかない。
猪口女史は子持ちと言ふけれど、それは、首都圏での感覚。
 地方の医療環境や育児環境をリサーチしたのかね?
 首都圏での育児環境をリサーチしたのかね?
 真っ当な子育てをしている母親をリサーチしたのかね?

あの朝ピーが去年の暮れに子育てについて特集しているけれども。
(↓の記事参照)
経済界も中国の顔色を伺って靖国問題ばかりに口を出さず、
女性社員の待遇について、もっと、協力したらど~よ。
(その多くが中小の零細企業である)下請け会社への締め付けが厳しくて、
給与だって環境だって、大企業とは比べることも出来ないような、
労働環境にあるのは、見て見ぬ振りかい?
日本の労働者の殆どは、中小企業に所属しているんですよ。
上場企業やらお役所やらに勤務している労働者の感覚で、
物事を考えて貰っては、困るんですよ<猪口さん&お役人・議員の方々

殿方の給料が低ければ低いほど、パートナーの女性が働かなくてはいけない。
常勤が出減少している労働環境は、誰が作ったのかな<経済界のお歴々様

なにしろ、経済界やマスゴミが総出で、消費社会を煽ったおかげで、
日本の生活水準は、無駄に贅沢になっているんですから。
独身時代・新婚時代の贅沢に慣れた人間が、
幾ら、子育てにやりがいや幸せがあると言われても、
そうやすやすとは、出産と言ふものの先に見える
(金銭的・時間的・精神的に)不自由になるだろう生活には、
進めませんもんね。

様々な政策に効果が出て、少子化に歯止めが掛かったとしても、
その後の子育ては、どうなるんだろうと、一抹の不安も。
出産無料化の後は、子育て無料化でしょうか?
個々に銭金をばらまき、個々で完結することよりも、
個々では対応しきれない部分を何とかする方が、
継続しての対策になると思ふんですが・・・

例えば、様々な人口比率で計算して、
希望する地域の子供が全員が入れる保育園を用意するとか、
市町村に必ず、24時間対応の産科・小児科を備えた専門病院を作るとか、
ターミナル駅内外に、一時預かりタイプの保育所を併設するとか・・・
箱物行政は非難の的になりやすいものですが、
育児関連施設は、子育てに疲れた母親の駆け込み寺にもなるだろうしね。
これらには、経済界にも拠出金を求めれば良いと思ふ。
黒字会社の儲けのなんぼかを出させて、企業名を冠した施設にすれば、
無駄に韓流スターを使っての広告より、社会的貢献度も高いし、
寄付金扱い、あるいは、広告費扱いにすれば、
企業だって出しやすいだろうしね。
そう、日本のODAで作った施設とか建造物に、
「特定アジア(中・朝・韓)」以外の、記念のパネルを掲示してくれている
アジアの国々のように・・・


顰蹙を買うかも知れないけれど・・・
歴史を見れば、人口が増加すると、何故か人類に、
天災・戦争などが起きているんですよね。
そして、また、それを乗り越えて・・・

そう思えば、日本の少子化・人口減もある意味「天命」ではないのかと。

*** 勝手にTB ***
★★★ 桜 魂 ★★★
 ◆母親は子育ての責任自覚を
(出産の先にある、子育てについての考察)


参考エントリー:
[06/ 1/12] ■国売り給うことなかれ
[05/12/27] ■人口減って、それほど悪いのかな?

・・・続きに、記事本文があります・・・



01/14(Sat)12:38 | Trackback(2) | Comment(1) | ◆ 社会 | Admin

■「無知は罪」と申しますが・・・

日本人気質なのか、それとも、役所の敷居が高いのか・・・
役所は、こちらから「教えて頂戴な」と行けば、
様々なことを、教えてくれるけれど、
「教えに来い」では、何も教えてくれない処だもんね。

で、何は無くとも、健康保険が使えないことほど、
不安なものは無いわけで。
お腹のあちこちに、フランケンシュタインみたいな、
下手なパッチワークを施している私には、
保険料を払わない・払えないと言ふ感覚がワカラン。

「お金に困ったことが無いだろう」と言われるやもしれんが、
これまでの人生、困ってた時期が無いワケじゃない。
それでも、年金と健保の保険料は未納しなかった。

友人にも、仕事にあぶれ、
 「病気なんてしないから、年金も健康保険料も払わない」
と、曰ったヤツもいたけれど、
 「そういう時に、病気になるもんだよ」
 「年金に入ってないと、障害を持った時に、障害者年金が貰えないよ」
 「生活を切りつめ、役所に相談し、保険料の減免してもらえ」
と、払わせたこともあったなぁ・・・


-----リンク先から引用-----
訪問をためらう先は1軒の母子家庭。生活苦で春から滞納している。通うたびに小学生らしき子供がドア越しに「お母さんは留守」「風邪」と繰り返す。
-----引用 ここまで-----

↑これって、すごい、矛盾を感じるわけで・・・
 生活苦って分かっているなら、福祉担当を回せよ。
 保険料の減免申請も教えてやれよ。

これが縦割り行政なんでしょうね。
昔、会社勤めしていた時に言われた「T字の知識」と言ふのを思い出した。
 「知識は、広く浅く、そして、一部は深く」
こうすれば、見落としが無くなり、ミスをしなくなると。
この訪問員も、広く浅い知識があれば、その親子に対して、
もっと違う、アプローチの方法がみつかるだろうに。

保険料も、払わないなら、それなりに対応すれば良いのだし、
払えないなら、それなりの救いの手を教える必要があると思ふ。

「生活に困ったら、まず、役所に・・・」とアドバイスしてくれる人が少ないね。
駄目もとで、相談に行ってみれば、どうにかなるもんだからね、日本は。

しかし、生活レベルを維持したまま、保険料が払えないと言ふのは、ダメポ。
「生活が苦しくて・・・」と言ふ人の多くが、
ケータイを持ち、流行りものを買い、定価で物を買う・・・思わず思ったよ。
 「そんな生活してりゃぁ、生活も苦しくなるわなぁ」

収入に見合った生活をすれば、何とかなるものだけれど、
収入以上の生活をし続けている人が多すぎですよ。
お金が足らないからと、気軽に、キャッシングしちゃう人もいるけれど、
あの利息を考えたら、どこかを削って借りないようにしなくちゃ。

日本全体の、金銭感覚がずれているんだろうなぁ。
出費の優先順位を間違えている場合も多すぎ。
「慎ましい」なんて言葉も死語になりつつあるもんね。
これから、益々、階級化が進むと言ふけれど、
それは、政府がどうこうする問題じゃなく、
個々人が自分で考える問題だと思ふ。

生きていくことに意欲の無い人は、
情報収集のアンテナも錆びさせていることが多いように思えるもの。
階級化っていうのは、情報を持っている人とそうでない人との、
差別化なんだろうなぁと思ったりします。



・・・続きに、記事本文があります・・・



01/05(Thu)01:18 | Trackback(3) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

■要注意~「架空請求はがき」

くれぐれも、ご注意下さい。

経験から推測するに、個人情報保護法施行以来、
官公庁からの連絡は、
 封書
 目隠しシールタイプ 又は、剥離タイプの葉書
が用いられているようです。

もしも・・・の為に、法務省の連絡先を調べてみました。
不安な葉書が届いた場合には、法務省に問い合わせ、
次に、地元警察署に届けておくのも、良い方策だと思います。

*** 参考 ***
総務省(連絡先)
総務省(担当課が不明の場合は代表へ)
総務省(代)03-5253-5111

Yahoo!ニュース - 読売新聞
 所管団体装った架空請求はがき、法務省が注意呼びかけ

 「民事訴訟管理局」「民事訴訟通達センター」など、法務省所管の団体を装って、ウソの法律や制度を書き、連絡を求めるはがきが出回っており、同省では「悪質な架空請求。決して連絡を取らないで」と呼びかけている。

 同省によると、架空請求のはがきには「民事訴訟最終告知」「法務省認定通達書」などと書かれており、「このまま連絡が無い場合、給与や資産の差し押さえを強制的に履行する」などと不安をあおるような文句が並べられている。また、架空の「管理番号」や「裁判取り下げ期日」などが記載されており、「裁判取り下げのご相談は当局で承っている」などと受け取った人に、指定された電話番号に連絡を取るよう求めている。

 同省では「発送元が法務省とある場合は、まず法務省に確認してほしい」としている。
(読売新聞) - 12月27日22時11分更新



12/27(Tue)22:47 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

■人口減って、それほど悪いのかな?

お国のエライ人々は、人口減が目に見えてきたことで、
オロオロオタオタしていらっしゃるようだけれど、
それなりの国の運営方針・・・もちろん、50年100年のね・・・を、
考えれば、むやみに恐れることは無いと思うんだけれどもね。

所謂一部の勤労者の既得権益を維持しようとしたら、
そりゃ、なんとかしなくちゃいけないだろうけれども、
少なくなったら、それなりに国を舵取りすれば、
何とでも、対応出来るんじゃないのかな?
だって、明日、明後日に、減るワケじゃない。
ダラダラとゆっくり減っていくんだから、
階段状に対応していけばねぇ・・・

一流国だから、国民が幸せって言うものでもないと思う。
ちんまり、地道に過ごすことも、国の形として在りじゃない?
今みたいに、他国に援助しなくちゃ、国連にお金出さなくちゃ・・・
なんて、自力以上の振る舞いを続けなくても良いじゃない。

外国人労働者を受け入れるって言うけど、
国内にも人手が余っているわけで、
「夢の実現」とか抜かして、消費税以外の税金は払わない人には、
それなりの老後を送ってもらえば良いし、
役人だって、こんなに要らないしね。

勿論、福祉レベルは落としちゃイケナイけれど、
制度を悪用して、働けるのに働かず、甘い汁を吸っている輩は、
発覚したら、キツイお咎めを与えてみたいにすれば、
今の福祉レベルも維持出来るだろうしね。

戦後からの右肩上がりの拡大生活を、
政府が音頭を取って、この辺でじっくり振り返ってみなくちゃ。
そうすれば、これからの国の有りようも、それなりに想像着くだろうし、
それなりの国家運営、国のあり方になっていくと思ふのは、
これまた、素人の浅はかさかねぇ。

あと、少子化うんうんもね、小児科の女医さんが復帰出来ない環境だったら、
一般人に子供を産めよ育てよと言っても、無理(きっぱり)
子持ちの女医さんが、生き生きと仕事をしている姿が、
あちらこちらで、見ることが出来るようになったら、
一般人だって、安心して、子供を産み育てるようになると思ふ。
金曜夜から月曜朝までの子供の病気が、どれだけ、親が不安か・・・

子育て環境のまずのハードルは、産科医不足、次に、小児科不足って、
考えている女性は多い筈なんですけどねぇ。
首都圏でも、目に見えて、産科・小児科が少ないし、
地方都市での産科・小児科不足(いや、減少)は、
少子化に拍車をかけていると思ふ。
産みたくても産む場所が無い、子供の病気を見て貰えるトコが無いじゃぁ、
子供なんて、産みたくても産めないと思うぞ。

政府も、少子化対策にもっと、下々のおなごの意見を参考にしなさったらどーよ。
子供を持てなかった・持たなかったおなごにも、言いたいことは沢山あると思ふ。
子供がいる人に聞くのも大事だけれどさ、
そういうおなごにも、発言させたらどーよ。



・・・続きに、記事本文があります・・・



12/27(Tue)16:15 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

■おなかの風邪で死なすな

健康体の人なら、重度の下痢や嘔吐・発熱で済む風邪が、
高齢者・幼児にうつすと、死に至ることにもなりかねない。

どうか、くれぐれも、風邪とバカにせず、
十分な対応をしてくださいな。

goo ニュース - (朝日新聞)
 おなかの風邪、今冬も急増中 大半はノロウイルス
2005年12月24日 (土) 10:17

 「おなかに来る風邪」と呼ばれる感染性胃腸炎が急増中だ。昨冬には広島県の特別養護老人ホームなどで多くの死者を出しており、乳幼児や高齢者には、特に注意が必要だ。

 全国約3000の小児科を定点観測している国立感染症研究所によると、感染性胃腸炎の報告は10月半ばごろから増え始め、最新集計の11月28日~12月4日の1週間では1医療機関当たり11.75人が受診。山口、佐賀、福井、福岡の4県では20人を超えた。昨冬のピークは12月20日~26日で全国平均15.83人だった。

 感染性胃腸炎は腹痛、下痢、嘔吐(おうと)、発熱が主症状で、ウイルスや細菌、原虫などによって引き起こされる。今の時期はノロウイルスが大半を占めるとされており、昨年暮れから今年の年始にかけて広島県の特養で入所者7人が死亡したのもその集団感染だった。ノロウイルスは寒いほど長生きすると考えられている。

 通常は適切に水分補給すれば1~3日で回復するが、乳幼児や高齢者では急激な脱水症状や吐物による窒息などに注意が必要だ。下痢止めは、病原体を腸内にとどめ、症状を悪化させかねない。

 予防には、例えばカキなどの食べ物を85度で1分以上加熱してウイルスを殺すほか、トイレ後などの手洗い徹底が大切だ。特に、保育施設や高齢者施設では、配膳(はいぜん)や、吐物や便の適切な処理と消毒が重要だ。

 感染研の岡部信彦・感染症情報センター長は「感染の疑いがある人は入院・入所者の見舞いを避けるなど、うつさない配慮も必要。症状がなくなっても1週間程度はウイルスが出ているので油断しないで」という。



12/25(Sun)23:12 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

■雇用者責任

人を雇うって、大変なことですねぇ。
雇われる方からの様々な要求は良く見ますが、
雇う方からのボヤキや愚痴はあまり、表に出てきません。

採用に関しての様々な規則はあるけれど、
雇われる側へのそれは、無いと同じ。

こういう事件を起こすと、必ず「使用者責任」が問われ、
慰謝料やら損害賠償やらが起きてくるのは、明白で・・・
雇用者向けの保険等、あるのかしらね。

うちにも、飛び込みで「雇ってください」って来ることがあるけれど、
丁寧にお断りしてます。
家族に手助けしてもらえば、なんとか凌げる規模だから済むけれど、
もしも、もしもよ、大きくなって、人を雇うとなれば、
円形禿が出来る位、悩むんだろうなぁ・・・

今の規模を上限にして、細々とやっていこうと思ったりしてます。
まぁ、こういう悩みが起きることは、無いときっぱり言えるのも、
悲しいことなんですけどね(笑)



・・・続きに、記事本文があります・・・



12/22(Thu)21:51 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin

■ジェンダーとジェンダーフリーとの違いを明確に!

生物学的男女の相違は、歴然とあるんですよね。
どうがんばっても、元の造りが違うんだから、張り合いようがない。
でも、得意なことは、人それぞれ。
これは、男女差ではなく、個人差なわけで・・・。

それを何でもかんでも、男女同じにしようと言ふ方が不自然。
伝統だって、そう。
がんばっても、男に出来ないことが有り、
女に出来ないことも有る。
それを双方が、尊重し有って、折り合って生きていった方が、
どちらかにしわ寄せが来なくて良いと思ふワタクシは、古い人間かな?

法制化も大事だけれど、「無理矢理・早急に社会的性差を無くせ」と、
拳を振り上げたって、どこかに、歪みが出てくるものではないのかな?
「男だから、女だから」ではなく、「人それぞれ」ってことで、
社会に生きていけば、楽チンなのにねぇ。

ジェンダーフリーで良く、例に出されているようですけど、
『桃太郎』がイケナイなら、『かぐや姫』は?
それじゃ、源氏物語なんて、どーすんだろう ?(`・ω・´)?
街中に多く見られる「女性プラン」とかも、抗議するのが当然だわよね。
でも、寡聞にして、ジェンダーフリー論者から、
「女性プランがけしからん」と抗議されたと言ふことは、
聞いたことが無いわねぇ。
これこそ、性別での差別じゃないの?

で、話はずれますが・・・
『桜 魂(12/15分)』の処に紹介されている
“さかもと未明”さんのコラム
に、
思わず拍手!!"ハ(^∀^)パチパチパチ・・・

是非、読んでみてください。




・・・続きに、記事本文があります・・・



12/17(Sat)00:33 | Trackback(2) | Comment(1) | ◆ 社会 | Admin

■親族の財産を喰いモノに

結構、聞きますけどね、こういう案件。
親兄弟の中で、羽振りの良い人にタカリまくるとか、
親の財産を喰い潰すとかね。
一財産、悪妻に持って行かれた人も、身近にいますし。

ただ、今回の事件の当事者として裁判所が入っていることで、
事件化されたんでしょうね。
家族内での金銭のやり取りって、税法で言えば、贈与扱いなわけで、
こっちの面からも、攻められるんじゃないの?と考えるのは、
きっと、ピントはずれなんでしょう( ´・ω・)つ彡ッテ、オイ!! (w

で、未成年後見制度とならんで、最近は、
成年後見制度が多く利用されてきています。
これは、高齢者の財産を管理する為に利用されていることが多いわけで、
今回の事件のような事も、考えなくてはイケナイと思うのですよ。

家族内での信任云々という刑法の除外規定も、「後見制度」全般には、
適用しないような規定が必要になってきていることを、
立法府では、ご存じなんでしょうか。

それこそ、日本の英知が結集している法務省のエリート官僚の皆さんには、
有り余る知恵を絞っていただき、弱者を喰いモノにする家族を、
しっかり、刑罰の対象に出来るようにしていただきたいものです。

*** 勝手にTB ***
社会の底辺
 少年の亡き母の金を横領する畜生3匹



・・・続きに、記事本文があります・・・



12/13(Tue)23:36 | Trackback(0) | Comment(1) | ◆ 社会 | Admin

■未成年への犯罪の重罰化を考える

光市の母子殺害が、最高裁で裁かれることになったようで、
遺族にとっては、少し日本の司法制度を見直していただけるのではと思いたい。

昨今の対未成年犯罪、特に性犯罪絡みの事案の多さには、
日本人として、何か置き忘れてしまったせいなのかと、
苛立たしさと悲しさを感じています。

また、その後の裁判での判決の軽さにも、唖然とするものがあります。
錦の御旗のように持ち出される「情状酌量」。
特に未成年が加害者の場合に顕著ではないのでしょうかね。

所謂「異常性癖」は、適切なプログラムによって矯正しようとしても、
100%が治るわけじゃない。
必ず、何割かは治らないのですよ。
これは、矯正プログラム先進国の亜米利加でも、頭を抱える問題のようです。
その為に、様々な対応方法が採られています。
遅ればせながらも、日本も幾つかの対応をしているようですが、
それは、一般市民の処までは、降りてきません。
犯罪被害に遭わない為には、
“加害者の人権より被害者の人権を重く考える”べきだと思うのですが、
日本司法界には、未だに、加害者の人権ばかりを尊重し、
被害者の人権をないがしろにする風潮があります。

また、日本の刑法の落とし穴として、
「長期刑と死刑の間の超えられない壁」も問題です。
長期刑ならば、刑務所内での態度のいかんにより、
多くが刑期の7~8割で仮釈放を認められ、社会に復帰できる。
20年の刑期として、14~16年。
人一人殺しても、終身刑が無いため、14~16年で出所。
逆に言えば、人一人殺すダケなら、14~16年辛抱すればOK。
出所して、また、一人殺しても、同じ。

同じように、二人の人間を殺しても、同時に殺せば、大概、死刑。
時期をずらせば、長期刑2回。
それも、「情状酌量」を認められれば、もっと短くなる。
これは、立法府の怠慢ではありませんか?
遺族は、到底、納得出来ないでしょう。

犯罪被害の遺族の方が手記でも書かれていますが、
 終身刑の創設や幼少年が犠牲となった犯罪に対する重罰化
を検討することも、立法府に望みたいものです。

抵抗も出来ない幼子を殺してしまう犯人は、人間ではありませぬ。
単なる鬼畜です。
ならば、人として出来うる限りの罰を与えねばなりませぬ。

死刑反対と叫ぶ人たちにこそ、こういう、悪辣な犯罪を起こした人間に対して、
どういう矯正方法・罰があるのかを、答えて欲しいものです。
再犯した場合に、誰が責任を取るのか。
殺された命は、取り戻すことは出来ないのですから、
殺されない為には、再犯の恐れのある者に対して、
どうしたら良いかを示して欲しいものです。




・・・続きに、記事本文があります・・・



12/09(Fri)12:49 | Trackback(4) | Comment(8) | ◆ 社会 | Admin

■悪質電話リース

我が家の電話が鳴る

 はい ***です。
  ××××と申します。
  現在お使いの電話の件で、おわかりになる方お願いします。
 ご用件は?
  リース電話がお安くなるお知らせですが。
 うちは、買い取りです。
  ガチャン・・・ツーツーツー


こういうのが、日に1本は掛かってきますねぇ。
多いのは、マイラインの押し売りとか、事業資金の融資とか、
笑っちゃうのは、資産運用についてとか。
運用する程の資産は無いけど、借金をするほどは、困ってません。

必死に帳簿なんて、やっている時には、迷惑ですよ。
折角、リズムに乗って、電卓叩いていたりしたら、そこで、パアー (▼▼メ)

一時期流行ったのは、電気代の節約システムとか何とか。
「安物買いの銭失い」にならぬように、
情報アンテナを張り巡らしておかないと、
安くしたつもりで、大損してしまいますから、注意しておかなくちゃね。

Yahoo!ニュース - 時事通信
「悪質電話リース」を取り締まり=被害者救済へ-経産省

 経済産業省は6日、「今の電話機は使えなくなる」「電話代が安くなる」などと虚偽の説明を行い、電話機を高額でリースする「悪質電話リース」が急増しているとして、特定商取引法上の取り締まり対象にすると発表した。これにより悪質業者に行政処分を下すことが可能になるほか、被害者は契約後5年以内なら解約し、払った料金の返還を受けられるようになる。
 同省は、特定商取引法の通達を改正。訪問販売業者とリース業者が別でも、全体として一体の訪問販売と認められる場合や、事業者名で契約していても主として個人・家庭用に電話を使用している場合、同法の適用対象とした。 
(時事通信) - 12月6日15時1分更新



12/06(Tue)17:09 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 社会 | Admin


(11/13page)
Top 4 5 6 7 8 9 10 >11< 12 13 End