【音静庵】
 
礼儀正しく慎ましく…そして自分らしく
 


◆ 時事
==Explain==
新聞記事やネット上で見かけたコトなどに、我が侭気儘に勝手にコメントします。

15日に延期:人権擁護法案

この法案は、思想と信条の自由を保障している憲法違反の疑いもあるそうですねぇ。
恣意的に、被差別団体を人権委員会に組み込んだら、なんでもかんでも「差別だ」で、括られてしまう社会になります。だって、弁護士も立ち入れない組織になっちゃうんですよ。(参考サイト内の『Absenteの酔いどれBlog:ようやくクソ重い腰を上げて「人権擁護法案反対!」を叫ぶ』に問題点がきちんと把握されていますので、ご覧下さい)

【差別と区別は違う】
これを大前提に置かないと、それこそ「言論統制された暗黒社会」になってしまいますよ。時事系Blogなんぞ、やってられなくなります。

誰の為の人権法案なんだ (゚Д゚)ゴルァ!!
思想・信条・表現の自由を侵すな!



参考サイト:
Irregular Expression: 自民党法務部会人権擁護法案見送り。でも油断するな!
人権擁護(言論弾圧)法案反対!
コリアン・ザ・サード: 書かずにはいられない
Absenteの酔いどれBlog:ようやくクソ重い腰を上げて「人権擁護法案反対!」を叫ぶ から、拝借
1.人権委員会の権限が大きすぎる
2.そもそも「差別」の定義があいまい過ぎる。
3.極端な人権保護により、言論の自由が阻害される
4.特定団体や政治家への批判も規制され、国民が泣き寝入りになる可能性がある
5.人権委員会および人権擁護委員の公共性に疑問が有る
6.マスコミを除外しての市民差別
7.マスコミへの規制がないため報道されず国民が知らない間に成立してしまう
8.掲示板、ブログなどの運営が規制により難しくなり閉鎖に追い込まれる可能性大
9.警察官や裁判官の簡易版とも言える重要な公務と言える人権委員会に日本国籍を持たない人間でも就任できる
10.悪質な宗教団体への批判ができなくなる
11.スパイ防止法のない日本において他国(北朝鮮、韓国、中国)の工作活動に対抗できなくなる
12.通常の企業活動商業活動においても、極めてあいまいな「差別」を禁止しているため、経済活動に著しい侵害を生じる
13.人権擁護委員会は任意の外部団体へ「調査」を嘱託できるので、ヤクザ・統一協会・朝鮮総連に嘱託されても合法である
14.人権委員・人権擁護委員に対する弾劾・リコール規定がなく抑止力がない



Sankei Web 産経朝刊 主張(03/10 05:00)
【主張】人権擁護法案 問題多く廃案にすべきだ

----------
YOMIURI ON-LINE / 政治 / 人権擁護法案、自民部会が了承見送り

 自民党の法務部会と人権問題等調査会は10日の合同会議で、政府が今国会提出を予定している人権擁護法案について審議したが、「人権侵害の定義があいまいだ」などの異論が相次ぎ、了承を見送った。15日に再度、合同会議を開いて議論する。

 このため、法務省が目標としていた15日の閣議決定は先送りされることになった。

 合同会議では、人権侵害の定義について、「差別・侮辱と、事実に基づいた合理的批判との区別はどうなるのか」などの意見が出た。また、地域における人権啓発や相談、人権委員の委任を受けた調査などを行う「人権擁護委員」の選考について、「人権擁護を標ぼうする恣意(しい)的な団体の人が出てくる」「カルトやえせ同和が人権の名のもとに活動する心配がある」などの疑念が出た。

 民主党や一部人権団体が削除を求めているメディア条項については、「残すべきだ」との意見が大勢だったが、「法案を通すためには削除もやむを得ない」との声も出た。

人権擁護法案、自民部会が了承見送り 15日に再度開催 - asahi.com : 政治
Yahoo!ニュース - 共同通信 - 人権法案、了承得られず 自民部会で異論が続出


関連エントリー
[050301]人権擁護法案?



03/11(Fri)01:54 | Trackback(2) | Comment(1) | ◆ 時事 | Admin

“人間のカス”が国連大使に

画像をクリックすると拡大されます(別窓)


Σ(゚Д゚ノ)ノ ドッヒャー!!
インフォシークニュース > トピックス > 国際にアクセスしたら・・・『「人間のカス」が国連大使に』なんていう見出しが目に入ってきた。

思わず、クリックしてみたら・・・↓の記事。
要するに、いわゆる国連批判派のボルトンさんが、批判先の国連大使になるってことのようですね。で、見出しの意味は、あの北朝鮮からのお褒めの言葉ラシイ。

きっと、『あの国のあの法則』BLOGにエントリーされることになるんだろうなぁ・・・

インフォシークニュース
<米大統領>ボルトン国務次官を国連大使に指名


 【ワシントン中島哲夫】ブッシュ米大統領は7日、米政府内タカ派の代表格として知られるボルトン国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)を国連大使に指名することを決めた。ライス国務長官が同次官とともに記者会見し、発表した。国連は有効性を欠くと批判してきた同次官の大使起用は国内外に衝撃を広げており、米上院による指名承認の審議では激論が予想される。

 ボルトン次官は、最近では米国が主導する大量破壊兵器やミサイルの拡散防止構想(PSI)推進で活躍が目立つ。イランや北朝鮮への強硬策を主張し、金正日(キムジョンイル)総書記を痛烈に批判して北朝鮮から「人間のカス」だと反撃されたこともある。

 同次官の歯にきぬ着せぬ発言には支持の一方、説得すべき相手の憎悪を招き外交的には不適切だという非難もある。米国に追従しないエルバラダイ国際原子力機関(IAEA)事務局長の追い落としに動くなど強引な姿勢は、国連や加盟国の反発を受けた。

 会見で、ライス長官は「正しい側にいる我々」が世界に自由を広げる上で「国連は重大な役割を果たさねばならない」と指摘。「物事を実現させる方法を知っている」同次官なら国連改革に「強い発言力」を発揮するだろうと期待を示した。

 次官本人も「国連の成功のためには米国の指導が決定的」だという持論を展開しながら、指名が承認されれば国連改革に「腕まくり」して取り組むと抱負を述べた。

 AP通信によると、指名承認を審議する上院の公聴会は4月と見込まれる。前大統領候補ケリー上院議員ら野党・民主党側からは「国際社会と協力しようというなら、なぜ尊大な人物を選ぶのか」といった批判が早くも噴出している。

 ただ、米議会は与党・共和党が多数派で、同党から反対者が出ない限り指名は承認される。米国連大使は前任のダンフォース氏が昨年末に辞任、空席になっている。

[毎日新聞3月8日]



03/08(Tue)15:45 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

“もったいない”

まず、お知らせから・・・
<文字サイズ変更しました>
Irregular Expressionさんのところでも「フォントサイズの変更」に苦心しているようですが、うちも、少々替えてみました。ピクセル指定を外し、%指定にしました。これで、IEから閲覧している場合、個々のPCからの文字サイズが選べるようになると思います。その他の閲覧ソフトについては・・・ケンチャナヨ(ry まぁ、適当に直してみてください。


で、本論。
津波が「TUNAMI」として、世界で使われているようですが、今度は「MOTTAIANAI」が世界に通じるようになりそうです。物の本に依れば、日本の江戸時代は、まれにみる「リサイクル社会」だったようです。資源の乏しい当時に日本では、リサイクルしていかなくてはやっていけなかったこともあると思います。欧米に追いつき追い越せも必要ですが、日本の良い部分も伝えていかなくてはいけないのですね。

ということで、世界に広がれ「MOTTAINAI」の輪!


Yahoo!ニュース - 海外 - 産経新聞
「もったいない」世界に響け ノーベル賞マータイさん 国連で日本語紹介

 【ニューヨーク=長戸雅子】女性の地位向上などについて討議している国連の「女性の地位委員会」閣僚級会合で四日、ノーベル平和賞受賞者でケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが演説し、日本語の「もったいない」を環境保護の合言葉として紹介し、会議の参加者とともに唱和した。
 マータイさんは二月に来日した際、「もったいない」という言葉を知って感銘を受け、世界に広めることを決意したという。
 この日の演説では「『もったいない』は消費削減(リデュース)、再使用(リユース)、資源再利用(リサイクル)、修理(リペア)の四つの『R』を表している」と解説、「MOTTAINAI」と書かれたTシャツを手に「さあ、みんなで『もったいない』を言いましょう」と呼びかけ、会場を埋めた政府代表者や非政府組織(NGO)の参加者とともに唱和した。さらにマータイさんは「限りある資源を有効に使い、みなで公平に分担すべきだ。そうすれば、資源をめぐる争いである戦争は起きない」と主張した。



03/06(Sun)16:24 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

再犯で、懲役4年

「コンクリ詰め殺人の元少年」って、何よ。
誰だって、元少年・少女なのに (・`ω´・)

地裁ダケで済むのかな? きっと、高裁に控訴するんだろうなぁ・・・人権派弁護士っていうのがついているんだろうしねぇ。

求刑7年が、4年になったことは、情状酌量ってことなんだろうけれど、その情状酌量っていうのが、くせ者だと思う。今回の場合も、裁判官の認識、甘過ぎでは?と思う部分があるんだけど。。。
----------
 神作被告は、「(前回の事件に関係する)せりふは言っていない」と主張していたが、判決はこれを退けたうえ、「殺人の件を脅し文句に用いたことを考えると、被告が真に深い反省のもとに前の事件と向き合い、再出発をはかったか疑問の余地もある」と述べた。

 その一方で、「被告の前科が周囲に知れ、結果的に更生の意欲をそぐことにつながった面も否定できない」とも指摘した。
----------

人権団体の人と養子縁組して、名字を替えたのに、なぜ事件の起こした地元にいたわけ? 本当に、やりなそうとするならば、普通は、事件のことが解らないように、地元ではなく違う土地で一から出直すってなると思うんだけど、此奴は、親共々殺人の前科を看板に面白可笑しく暮らしてきたわけで、更正する気持ちなんて、サラサラ無かったとしか思えない。

ここんとこが、裁判官のおかしな思考回路・・・社会とかけ離れた認識なんでしょうね。
更正も効かない『ニンゲンモドキ』という人種がいるって、そろそろ、理解して欲しいぞ。



コンクリート事件の被害者とそのご家族のお気持ちはいかばかりかと・・・
彼女に、謹んで哀悼の意を。

合掌。


YOMIURI ON-LINE / コンクリ詰め殺人の元少年、監禁「再犯」で懲役4年

 知人の男性を車のトランクに監禁するなどし、逮捕監禁致傷罪に問われた元会社員、神作譲(かみさくじょう)被告(33)の判決が1日、東京地裁であり、菊池則明裁判長は、懲役4年(求刑・懲役7年)の実刑を言い渡した。

 神作被告は1988年の「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の準主犯格(犯行当時、17歳)で、判決は「改善更生が期待されたにもかかわらず、本件犯行に及んだことは一般社会に対して大きな衝撃を与えた」と述べた。

 判決によると、神作被告は昨年5月19日未明、東京都足立区の路上で、男性に「おれの女を取っただろう」「殺すぞ、おれは人を殺したことがある」などと因縁をつけ、さらに、乗用車のトランクに押し込んだ。その後、埼玉県三郷市のスナックまで連れて行き、「本当に殺すぞ」などと脅して、計約5時間にわたって暴行を加えた。

 神作被告は、「(前回の事件に関係する)せりふは言っていない」と主張していたが、判決はこれを退けたうえ、「殺人の件を脅し文句に用いたことを考えると、被告が真に深い反省のもとに前の事件と向き合い、再出発をはかったか疑問の余地もある」と述べた。

 その一方で、「被告の前科が周囲に知れ、結果的に更生の意欲をそぐことにつながった面も否定できない」とも指摘した。

 菊池裁判長は判決言い渡し後、「今度こそ、本当の意味での再出発、人生のやり直しをすることを期待しています」と説諭した。

 神作被告は前回の事件で、91年に東京高裁で懲役5年以上10年以下の判決を受け、99年に出所していた。

Sankei Web コンクリ詰め殺人の元少年、知人監禁で懲役4年(03/01 13:08)

asahi.com - コンクリ殺人で服役後に監禁致傷 元少年に懲役4年判決

MSN-Mainichi INTERACTIVE 女子高生コンクリ詰め殺人:服役の男、男性監禁で実刑--東京地裁判決




関連エントリー:
[05/1/18]惨劇が繰り返されようとした
 http://myjulia.btblog.jp/cm/kulSc01y3454662E6/1/
[05/1/18]矯正教育を義務化へ
 http://myjulia.btblog.jp/cm/kulSc01qL454662CB/1/
[05/1/7]誰の人権を守るか?
 http://myjulia.btblog.jp/cm/kulSc01LM45466264/1/



03/01(Tue)23:07 | Trackback(2) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

人権擁護法案?

誰を誰から守る法律なのか、ちぃ~っとも、理解できない。
「差別的言動禁止規定」って、何?

一番、人権に鈍感なマスコミを対象外とし、言葉狩りにも似た行為が平然と行われる恐れがあり、更には、人権侵害と判断すべき最低線のルールや、判断する人間を選ぶ法的根拠が・・・ワカラン。

最悪、人権侵害されてきたと主張する立場の人間が、判断する立場になるとするならば、いかようにも拡大解釈がなされることにもなりかねず・・・2chはもとより、うちのBlogのようなチャッチィところも、糾弾される恐れが ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

で、一度は人権侵害とされたが、それは間違いであるとなった場合の名誉回復の手段は・・・無い!

差別と区別の意味を知らない日本人が増えすぎたのが原因なのかなぁ・・・


参考サイト:
Irregular Expression: 一般船舶油濁賠償保障法と人権擁護法案

さるさる日記 - 酔夢ing voice
■2005/02/24 (木) ライブドア騒動の陰で得をする者(2)

恐ろしいのは、在日青年会の内政干渉に対して客観的に批判できなくなる可能性のある言論弾圧法案とも言える人権擁護法案が今国会で成立する予定だ。メディアは規制されないが差別という免罪符が批判を許さなくなる可能性が高い。今日は調査会でこの点を聞けなかったので、メディア規制とも関連あるテーマなので再度詳細を取材するつもりだ。この記事では「人権委員会の独立性が確保できるよう設置場所を内閣府の外局とし、過度な取材による人権侵害を特別救済の対象とする報道条項は削除すべきだと主張した 」とあるが、人権委員会が差別利権集団に牛耳られないのか?誰が差別と判定するのか?など問題点が多くネット上で指摘されている。

面白いのは<人権派>もこの法案成立に反対している事だ。いずれにしても差別が免罪符になり、客観的批判が許されなかったり、ネット上の言葉狩りが横行する可能性が濃厚なので対策を議員の方と一緒に考えたい。

2ch<雑談系<人権問題<人権擁護法粉砕
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/rights/1108920953/



国連からも、危惧されてます。
Google 検索: メアリー・ロビンソン国連人権高等弁務官 人権擁護法案
----------
毎日新聞「人権擁護法案 メディア規制の狙い変わらぬ」(2/13)
http://www.mainichi-msn.co.jp/column/shasetsu/archive/news/2005/02/20050213ddm005070120000c.html

朝日新聞「人権擁護法――修正して成立を急げ」(2/25)
http://www.asahi.com/paper/editorial20050225.html

日本経済新聞「懸念消えない人権擁護法案」(2/25)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20050224MS3M2400E24022005.html

東京新聞・中日新聞「人権擁護法案 衣の下に鎧が見える」(2/18)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20050218/col_____sha_____002.shtml

中国新聞「人権擁護法案 なぜ今再提出なのか」(2/20)
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh05022002.html

新潟日報「人権擁護法案「報道規制」を削除せよ」(2/22)
http://www.niigata-nippo.co.jp/column/search_sya.html で2005年2月22日をサーチ

京都新聞「人権擁護法案 欠陥残す再提出は反対」(2/20)
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/rensai/syasetsu/050220.html

愛媛新聞「人権擁護法案 修正でも危険な本質変わらぬ」(2/24)
http://www.ehime-np.co.jp/shasetsu/shtsu20050224.html

佐賀新聞「人権擁護法案再提出 メディア規制に余地残す」(2/23)
http://www.saga-s.co.jp/pub/ronsetu/

南日本新聞「【人権擁護法案】メディア規制の疑念がぬぐえない」(2/23)
http://373news.com/2000syasetu/2005/sya050223.htm




03/01(Tue)02:48 | Trackback(1) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

2ch等ネットの影響力

ネットの掲示板と言えば、様々な形容詞付きで語られることの多い2ch・・・が代表格ですが、まぁ、ここを読んでくださっている方には、説明の必要もないでしょうけど(笑)

一応、2chへ足を踏み入れたことの無い方用に、蘊蓄を少々。
情報の収集&解析力は、目を見張るものがあります。自分の関心のある分野についてぴったりの板やスレに出会えれば、専門書を何冊も読む以上の知識を得られます。興味の無かったことでも、関連スレを読むことで、関心を持つこともあります。国内マスコミがタブー視して報道しないでいる問題も、外電から直接読み解き、大きな運動になることもあります。事なかれ主義で見て見ぬふりをしてきたマスコミに、電突(電話で質問する)し、誤りを誤りと認めさせることもあります。足下をすくうこともあります。

そりゃぁ、何万人もの参加者がいますから、不届き者も居ます。でも、それ以上に、問題に課題に真摯に取り組んでいる人もいるのも事実です。これに、様々な縛りをかけることは不可能でしょう。今後は、どう利用していくかが、社会の課題となっていくのではないでしょうか?

そういえば近々に施行される改正油濁法も、2chの某スレでは、マスコミの報道なんて影も形も無い昨年夏にはお勉強会をしてましたねぇ。日韓条約の解釈等も、しっかり、勉強済み。

マスコミさんも、2chのマスコミソースで語られるスレばかりチェックせず、そういう専門色の強いスレッドをチェックしてみてくださいよ。スクープに近いネタが拾えますぜ (・∀・)ニヤニヤ



問題流出・誤り指摘…ネットの影響強まる入試

 国公立大の2次試験が始まるなど、入試シーズンも終盤を迎えているが、インターネット上の掲示板への書き込みが、大学入試や技能検定試験に大きな影響を与え、関係者が対応に苦慮している。

 出題内容が流出するトラブルのほか、書き込みの指摘で出題ミスも判明。試験担当者もチェックを余儀なくされるなど、円滑で公正な試験実施には、もはや無視できない存在になってきている。

 「最後(の質問)は『自販機がたくさんあるけど、どう思いますか?』だった気がする」「コンパクトディスク(CD)のコピーガードについてだった」

 財団法人「日本英語検定協会」(東京・新宿)が英検2級の2次試験を実施した今月20日、国内最大級のネット上の掲示板サイト「2ちゃんねる」に、試験開始直後から、こうした書き込みが相次いだ。

 2次試験は、受験生が英文とイラストの描かれた「問題カード」をその場で渡され、黙読後、面接委員の質問に答えるという形式だったが、書き込みは出題内容をそのまま告知するものだった。

 早々と試験を終えた受験生が書き込んだとみられるが、流出後に面接に臨んだ受験生は、出題内容を事前に知り得たことになる。流出はその後、同じ日に行われた準2級と3級でも確認された。

 「2ちゃんねる」は幅広いテーマを対象に匿名で議論できる点が特徴だが、少年事件の加害者の実名や顔写真が掲載されるなどのトラブルも少なくない。同協会関係者は「サイトの存在は常々意識していたが、こんな形で流出するとは……」とため息をついた。

 書き込みを巡る“騒動”は1月15、16日に実施された大学入試センター試験でも起きた。

 初日の英語の試験が始まる8時間以上も前、「2ちゃんねる」に「マイネムイズケヴィン」との書き込みがあり、試験では実際に「ケヴィン」を主人公とする長文問題が出題された。翌日の国語でも事前に出題内容を示唆する書き込みが見つかり、センター側は「偶然としか言いようがない」と流出を否定しながらも、警察に対応を相談する事態に発展した。

 一方、同じセンター試験の「国語1」では、教科書に載っている文章がそのまま出題されるという前代未聞のミスが起きたが、これを指摘したのも「2ちゃんねる」の書き込みだった。

 センター試験の出題を巡って、例年、様々な書き込みがあるため、センターでは「書き込み内容はよくチェックしている」(浅野摂郎副所長)という。今回も、問題の作題委員が試験終了後に掲示板を検索中、書き込みを発見し、事実が発覚した。見つけた作題委員さえ「まさか」と思うほどの衝撃情報だった。

 私大入試でも、「監督者が試験中にメールをしていた」といった書き込みがされるなど、入試担当者らは神経をとがらせている。ある私大関係者は「情報ツールは進化も早く、さらにどんなトラブルが起きるか予想もつかない」と話す。

 インターネットの問題などに詳しい立山紘毅・山口大教授(情報法)は「韓国では携帯電話を使った集団カンニングも起きており、本気で問題流出を防ぐには、試験時間中は受験生全員を拘束し、会場では携帯電話を取り上げるなどの荒療治しかないだろう。ただ、教育現場でそこまですべきかどうか。ネット時代の試験の在り方について、議論を深める必要がある」と指摘している。




02/27(Sun)01:40 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

言葉足らず

外国人犯罪についての記事。
朝日新聞は、言葉足らずで、誤解させようとしているのか? それとも、恣意的に誤解させようとしているのか?
産経新聞のように、最後に注釈を付けることで、正しい理解が促されると思うんだけど・・・

これが、有名な『朝日クオリティ』?


Sankei Web 社会 4年連続で過去最多を更新 外国人の摘発、4割が中国人(02/24 13:19)

4年連続で過去最多を更新 外国人の摘発、4割が中国人

 昨年1年間に全国の警察が摘発した来日外国人は、前年比9・2%増の2万1842人で、4年連続して過去最多を更新し、国籍別では中国人が全体の42・4%を占めたことが24日、警察庁のまとめで分かった。摘発件数も同16・0%増の4万7124件で過去最多だった。

 摘発された外国人のうち不法滞在者が占める割合は56・3%だった。

 刑法犯では日本人で8割を占める単独犯が少なく、2人以上の共犯事件が全体の7割に及んだ。来日した外国人の受け皿ができあがっているとみられ、警察庁は「地下銀行や各種証明書の偽造など『犯罪インフラ』の取り締まりを強化したい」としている。

 摘発された外国人を国籍別で見ると、中国の次に多かったのは韓国で全体の9・5%。次いでフィリピン、ブラジル、タイ、ベトナムの順だった。刑法犯に限ると、中国が全体の48・1%でほぼ半数を占めた。

 犯罪の種類別でも強盗の44・6%、侵入盗の76・4%、支払い用カード偽造の81・0%を中国が占めた。自動車盗はブラジルが65・7%で、次いでスリランカ、パキスタンといった南アジアの国が多かった。

 警察庁は、刑法犯の摘発が多かった中国人、ブラジル人の犯行時の職業を調査。中国人は大学生と専修学校生などが37・2%を占め、有職者は35・4%。ブラジル人は有職者が65・4%を占めた。

 ピーク時の1997年には摘発が1000人を超えた集団密航は激減し、昨年は44人だけ。一方で、偽造旅券などを使った不法入国の摘発は、前年比52・3%増の1720人に上り、過去最多となった。

 昨年1年間に刑法犯で摘発された38万9027人のうち、来日外国人は8898人だった。

 来日外国人とは、在日韓国・朝鮮人などの永住者、在日米軍関係者を除いた国内にいる外国人を指す。(共同)

----------
来日外国人の犯罪件数、過去最多 逮捕・送検2万2千人 - asahi.com : 社会

 昨年1年間に事件を起こして逮捕や書類送検された来日外国人は前年より約2000人増の約2万2000人にのぼり、過去最多を記録したことが24日、警察庁のまとめで分かった。初めて統計をとった、窃盗や強盗、詐欺などの財産犯で摘発された事件の総被害額は約65億1000万円にのぼった。警察庁は「組織化が進み、暴力団と役割分担するケースも目立つ」としている。

 集計によると、来日外国人全体の摘発件数も前年より16%増の約4万7000件で過去最多だった。国籍別の事件件数は中国(36%)が最も多く、トルコ(16%)、ブラジル(15%)、韓国(7%)などが続く。

 罪名別では、殺人が40件、強盗が269件、窃盗が2万7518件でいずれも前年より増加した。窃盗のうち、住宅などへの侵入盗やひったくり、すりは減少傾向にあるが、自動車盗と車上狙いはそれぞれ前年より6割増えた。スキミングなどのキャッシュカード偽造事件は同94件増の252件に上り、225人が逮捕などされた。




02/24(Thu)22:57 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

先駆者の悲劇:内部告発

日本語には「波風立てるのは避ける」「見て見ぬふり」「何もそこまでせずとも」等々の言い回しがあり、また「お天道様は見ている」「悪銭身に付かず」「いつかしっぺ返しが来る」「悪の栄えるためし無し」と言って、自滅することを示唆する言葉も沢山あります。

 商売人にとって、世間に後ろ指をさされることと解っていても、その恩恵に麻痺した感覚から抜け出せないことも多々・・・それを逆手にとって、強請たかりする輩も沢山。

 内部告発と言えば、NHK⇔朝日新聞⇔安倍・中川両氏の三つ巴記憶に新しいですね。あれは、内部告発者の長井だか短いだかのNHKプロデューサーの胡散臭さ、そして、該当番組の呆れ果てた内容・・・唖然としましたね。

内部告発者を報復するのはとんでもないことだけれど、やはり、その内部告発が義憤に駆られたものなのか、それとも私憤なのかの判断は、会社の支配下外の外部機関等によって付けなくてはならないと思います。きちんとした判断なくしては、その会社への言いがかり的なもので明らかに、評判を貶める為のものだった場合、その会社は命取りになる恐れもなきにしもあらずですから。。。



カルテル内部告発で30年閑職、男性の賠償一部認める

 運輸業界の違法カルテルを内部告発して以来、会社から約30年にわたって閑職に追いやられたとして、富山県高岡市、串岡弘昭さん(58)が勤務先の「トナミ運輸」(高岡市)を相手取り、5400万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の判決が23日、富山地裁であった。

 永野圧彦裁判長は「原告の内部告発は正当で法的保護に値する。会社は報復として不利益な扱いをした」として、時効分を除き、慰謝料200万円を含む約1356万円の支払いを同社に命じた。謝罪については請求を退けた。

 判決によると、串岡さんは営業担当だった1974年、トナミ運輸を含む大手業者が話し合いで運賃を高く設定し、自由な競争を妨げる違法カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会などに告発。公取委が立ち入り調査した後、業界は路線運賃などの申し合わせを破棄した。

 同社は、内部告発を受けて、串岡さんを75年から教育研修所に異動させた。狭い個室に1人で隔離し、仕事は草むしりなど雑務だけ。その後、隔離はなくなったものの、約30年間、昇格させなかった。

 永野裁判長は「人事権の行使は使用者の裁量的判断に委ねられるが、法令や公序良俗に反しない限度で行使されるべきで、正当な内部告発を理由に不利益に扱うことは違法になる」と認定した。串岡さんが提訴した2002年には、内部告発で雪印食品の牛肉偽装事件も発覚。「内部告発」はその年の流行語大賞のトップテンに選ばれ、串岡さんは代表で受賞した。その後も、2004年6月に公益通報者保護法が成立するなど、内部告発者を保護する動きが進んでおり、判決が注目されていた。

 閉廷後、記者会見に臨んだ串岡さんは「30年間、寝ても覚めても、夢の中でも屈辱感でいっぱいだったが、今は本当にすがすがしい気持ち」と晴れやかな表情を見せ、「内部告発する人を勇気づける判決になった」とも述べた。謝罪が認められなかったことについては、弁護士と相談した上で控訴したいとした。

 一方、トナミ運輸は「判決は当社の考えと相いれない部分もあり、控訴することを検討しております」とのコメントを出した。

          ◇

 判決について、内部告発の相談に乗る「公益通報支援センター」事務局長の阪口徳雄弁護士は「企業内部で不正を改善する努力が不十分なケースでも、法的保護の対象と認められた点は大きい」と評価。公益通報者保護法は、告発の前に企業内部で不正をただす努力を告発者に求めているが、「今回の判決により、告発する人が増えるのではないか」と期待を示した。




02/24(Thu)01:59 | Trackback(0) | Comment(0) | ◆ 時事 | Admin

「みっともない」

ほんと、みっともなかったよ、あれは。
何のための警官出動か、わからんもの。

聞けば、パトカーから離れるときには、キーを外し、ロックをする・・・って、決まっているらしいのにねぇ。宅配便だって腰にキーをつないで、車から離れる時にはキーを抜いているよ。

どっかの博覧会時期に合わせてどっかの国々のピザも免除で、「とんぼ返り武装スリ団」(これもオカシイよね、武装していたら、スリじゃなく強盗だろうが)が大挙してくるかもしれないって日本の治安維持が不安な時に、国民を守るべき職務の人たちがこんな体たらくじゃぁ、拳銃所持解禁しろや (゚Д゚)ゴルァ!!って極論も言いたくなるよ。

これって、警視庁の管内なわけで、警視庁は東京都・・・石原さんも、情けない思いしているんだろうなぁ。。。。。

教師免許も更新制にという意見があるけど、警察官も一定期間毎に、訓練のし直しも必要じゃないのかねぇ。時代は、変わって来ているんだから、警官の勤務状況の見直しも必要かも。適材適所って言葉もあるしね。終身雇用なら、それなりに対応していかなくちゃイカンわ。


逃げる警官「みっともない」首相が公安委員長をしっ責
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050222i406.htm

 小泉首相は22日の閣議後の閣僚懇談会で、路上でバットを手にした男に警官が追いかけられて逃げる場面がテレビで報じられたことについて、「あれはみっともない。しっかりしてほしい」と村田国家公安委員長をしっ責した。

 男は19日午前、東京都港区台場の路上で運転していた車を壁にぶつけた後、車内でバットを振り回して暴れた。警官が駆けつけたが、車を降りた男に追いかけられて逃げ、この場面がテレビで放映された。男はその後、キーを付けたままとめてあったパトカーに乗り込み、窃盗未遂の現行犯で逮捕された。

 首相は「警察官は犯人を取り押さえるためにいるので、それが逃げるとは何事か。よく状況を精査して注意するように」などと指示した。

----------

小泉首相激怒:「警官が犯人から逃げるとは何事か!」
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050222k0000e040077000c.html
 22日午前の閣僚懇談会で、小泉純一郎首相が金属バットのようなものを振り回す男から警官が逃げ出した事件を取り上げて「警官が犯人に追われて逃げるような場面を(テレビで)見た。逃げるとは何事か。よく状況を精査して注意するように」と激怒する場面があった。

 事件は19日朝、東京都港区の通称お台場で発生した。薬物中毒の疑いがある男性容疑者(26)が交通事故を起こし、駆けつけた警官に「近づくな、殺すぞ」と怒鳴りながら金属バットのようなものを振り回した。無人のパトカーで逃げようとしたところを逮捕したが、取り押さえる過程で警官が容疑者に追いかけられる様子などが民放で放映された。

 村田吉隆国家公安委員長は「ご指摘のようなことがあればおわびしたい。指示を徹底したい」と陳謝した。



 22日午前の閣僚懇談会で、小泉純一郎首相が金属バットのようなものを振り回す男から警官が逃げ出した事件を取り上げて「警官が犯人に追われて逃げるような場面を(テレビで)見た。逃げるとは何事か。よく状況を精査して注意するように」と激怒する場面があった。

 事件は19日朝、東京都港区の通称お台場で発生した。薬物中毒の疑いがある男性容疑者(26)が交通事故を起こし、駆けつけた警官に「近づくな、殺すぞ」と怒鳴りながら金属バットのようなものを振り回した。無人のパトカーで逃げようとしたところを逮捕したが、取り押さえる過程で警官が容疑者に追いかけられる様子などが民放で放映された。

 村田吉隆国家公安委員長は「ご指摘のようなことがあればおわびしたい。指示を徹底したい」と陳謝した。




02/22(Tue)23:43 | Trackback(0) | Comment(2) | ◆ 時事 | Admin

東京都・・・GJ!

「お雇い外国人」が居なかったら、今の日本の基礎は無いわけで、そういう恩人達のお墓を保存しておくことになったのは、日本人らしい「恩義に報いる」というヤツですね。

「お雇い外国人」って、知らない人もいるのかな?
柔らかいところでは、『はいからさんが通る』で知られている“大和和紀”の『N.Y小町』のヒーローがそれ。って、これ、女性にしか通じないかな (っ゜ロ゚)っ いやん


簡単に言えば・・・明治政府が、欧米の様々な職種の方々にお願いして日本に来て貰い、その方々の持っている技術や知識を日本人に教え込んだってことだと思います。任期が終わり母国へお戻りになった方もおられるようですが、任期をのばしながら日本で活動を続け、鬼籍に入られた方も多く、そういう方々のお墓が、青山墓地にあったということですね。

外人墓地と言えば、横浜山手にあるものが有名ですが、こちらは、観光地として維持保存されています。



日本の為に働き、日本の地に眠っている異国の方々を偲んで・・・黙祷(-ωー)




お雇い外国人も多数、青山外国人墓地を都が保存へ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050218i505.htm

 東京都立青山霊園(港区南青山)の一角にある外国人墓地について、都が保存に乗り出すことになった。日本の近代化に貢献した「お雇い外国人」らが多数埋葬されており、管理費が未納のままのケースも目立っているが、“恩人”たちの墓地の文化的価値に配慮した。来年度から具体的な保存策の検討に入る。

 同霊園は1874年(明治7年)の開設。都心の1等地で、明治期を中心に多数の外国人が埋葬されたが、多くが親族と連絡がとれない。1平方メートル当たり年間590円の管理費は滞納され、墓石が傾いたり、なくなっている墓地もある。

 都は昨年10月、霊園条例に基づき、管理費を5年以上納めていない墓地78件について、1年以内に支払われない場合、「無縁墳墓」として改葬するとの看板を現地に設置したが、親族らからの申し出は、ほとんど寄せられていない。

 78件の中には、小説「金色夜叉」の英訳者で、東京大で教べんをとった英国人アーサー・ロイド、明治期に開業医として活躍し、福沢諭吉から「日本医道の恩人」とたたえられた米国人シモンズ、草創期の帝国ホテルで総支配人を務め、西洋式ホテルの普及の基礎を築いたドイツ人カール・フライクらの墓もある。

 こうしたケースは通常、墓地の使用許可が取り消されるが、看板を見た都民から保存を求める声が寄せられ、都は歴史的価値を個別に評価したうえで、原則として保存することにした。

 保存を訴えていた東京農工大の高橋雄造教授(科学技術史)は「日本の近代化に尽くした人たちが忘れられていくのは忍びないと思っていたので、保存されるとすれば歓迎したい。外国人の場合、管理費の滞納はやむを得ない。保存の対象はできる限り幅広くしてほしい」と話している。




02/18(Fri)17:27 | Trackback(0) | Comment(1) | ◆ 時事 | Admin


(13/19page)
Top 9 10 11 12 >13< 14 15 16 17 18 End